運営者情報

当サイト Theory of Magic について

dove

当サイト Theory of Magic へようこそ。

管理人のSakuya(サクヤ)です。

当サイトは主として、

  • マジックを演じたい方
  • マジックに興味を持った方
  • マジックを趣味として始めたい方

に向けて、マジックについて学べる情報をお届けしております。

これまでマジックをしたことが無い初心者の方や一般の方にも、できるだけ分かりやすいものになるよう心がけています。

当サイトについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

管理人のプロフィール

ここで、私の簡単な自己紹介をいたします。

マジック歴について

card

マジックを始めたのは、10歳頃になります。

かれこれ10年以上はやっていますね。

始めたきっかけは、図書館に置いてあったマジックの本が気になって読んでみたこと。

最初は、単純にマジックの種が知りたい、という好奇心からでした。

それで、試しにネタを覚えて、家族に見せてみたところ、「何で?」という驚いたようなリアクションが得られ、何だか気分が良かったんですよね。

それに味をしめて、次から次へと本を借りてはネタを覚えて、家族、友人、と披露していきました。

次第に、ある程度のネタが分かってくると、似たような発想でマジックを作ることも出来るようになります。

それで、色んなマジックを考えては見せて、ということを繰り返してましたね。

最初は、日用品を使った手品から入り、クロースアップのカード、ステージのマニピュレーション、メンタルなど、気の向くままに手を出してきました。

学生時代は、依頼を頂いて、催し物などでショーをすることもありました。

国内外のコンテストで受賞したマジシャンの方と交流する機会もあり、貴重な経験ができましたね。

マジックは好きなのですが、人前で1回演技をすると、随分と消耗してしまい、その日の夜まで寝れないくらい高ぶってしまったり、翌日までぐったりしてしまいます。

正直、自分の性格を考えると、毎日パフォーマンスを何ステージもこなすようなマジシャンにはなれないだろうなと思っています。

催眠歴について

pendulum

マジックをやっていると、メンタルマジックといって、心を読んだり、予知や予言を行ったりというような超能力風のマジックに出くわします。

このメンタルマジックを色々と調べているうちに、心を読む現象へのアプローチに催眠の暗示が使えるということを知ったんですね。

完全に想像しただけのカードを言い当てるなど、現象の不可能性を高めようとしていった結果、催眠に出会ったのは必然なのかも知れません。

このような経緯で、催眠に出会い、マジックよりも歴は浅いですが、催眠術もやるようになりました。

実を言うと、中学生くらいのときに、一度催眠の本を手にとったことはあるのですが、当時は書いてあることがよく理解できず、かけることも出来ませんでした。

ですが、改めて大人になってから催眠術のやり方を理解し、試しにかけてみたら、あっさり掛かって拍子抜けしました。

しかも、マジックの方が歴は長いのに、それと同じくらい驚かれるので、若干複雑な気持ちでしたね。

でも、そのくらい威力のある現象ということなんでしょう。

催眠の現象はマジックとは毛色が違いますし、マジックと併用することで相乗効果も期待できます。

そういう意味で、良い技術に出会ったなと思っています。

ブログ開設の理由

このTheory of Magicを開設した理由は、マジックを始めたい方の指針になるサイトを作りたいと思ったからです。

先述のように、私は、小さい頃からマジックを続けてきました。

けれども、マジックに興味を持っても、種の秘密を守るべきというマジックの性質上、マジックを学べる方法は公にされにくいように思います。

また、誰もがマジックをするのに多くの時間を費やせるわけでもないでしょう。

それでも、マジックを学ぶことで、退屈な日々が楽しいものに変わったり、人との会話が弾んだりといったメリットがあるのも確かです。

ですので、私がこれまで身につけてきた知識と経験を活かし、一般の方やマジックを始めたい方が、効率よくマジックを学べる環境を作るため、このブログを開設しました。

なお、初めての方に向けて、以下のような記事も用意しております。

上から順に読み進めていただくと、スムーズにマジックのことが分かります。

基本的に、マジックが初めての方や、始めて間もない方を対象としていますが、もちろん、マジックや催眠の経験がある方も歓迎です。

このブログを通じて、マジックの面白さを知り、あなたの人生がより豊かなものになれば良いなと思っています。

どうぞ、よろしくお願いします。

運営者情報

運営者:Sakuya(サクヤ)
連絡先:お問い合わせフォームよりご連絡ください。

TOP>