簡単なのに、すごいトランプマジックを知りたいですか?

この記事では、トランプでできる初心者向きのマジックを3つ紹介します。

ぜひ覚えて、友達や知り合いを驚かせましょう。

【その1】21 カード・トリック

まず、21カード・トリックと呼ばれるカード当てです。

様々な見せ方がありますが、21枚のカードから相手が心に思っただけのカードを探し出すことが出来ます。

数学的な原理を用いたセルフワーキングと呼ばれるマジックの1つです。

【その2】4枚のエースの出現

2つ目のマジックは、4枚のエースが出現するトランプマジックです。

相手の好きな枚数だけカードを配り、更に相手の手で山を4つ作ったのに、それぞれの山の一番上からは4枚のエースが出現します。

こちらも、セルフワーキングのマジックになります。

【その3】裏返しにひっくり返るカード

3つ目は、お客さんのトランプだけが裏返しにひっくり返るマジックです。

お客さんの目の前で、トランプ全体がひっくり返り、更にお客さんの選んだカードだけが裏返しで出現する現象は、視覚的にもインパクトが大きいです。

セルフワーキングではありませんが、テクニックらしいテクニックをほとんど使うこと無く、現象を起こすことが出来ます。

上記のトランプマジックをおすすめする理由

上記の3つのマジックをおすすめする理由として、以下の2つが挙げられます。

テクニックがあまり必要ない

上記のマジックは、マジシャンがよく使うような、テクニックらしいテクニックをほとんど使わなくても、現象を起こすことができるものばかりです。

演技をする際のマジシャンの負担が小さいマジックであるといえます。

実のところ、すごいと思われるマジックかどうかは、そのマジックに必要なテクニックの難しさとはあまり関係ありません。

むしろ、演技中の態度、演出の仕方、お客さんとのコミュニケーションのとり方などに依るところが大きいです。

ですので、テクニックに気を取られて、拙い手付きでマジックを演じるよりも、余力を残して自分の演技を堂々と演じられる方が、すごいと思われるでしょう。

仕掛けのないトランプで演技可能

また、上記のマジックは、仕掛けのない普通のトランプで演じることが可能なものばかりです。

お客さんの中には、マジックが終わった後、「道具を調べさせて」などと言う人がいることがあります。

もちろん、そういうお客さんの発言を上手くかわせるなら問題ありません。

でも、そういうことを言われたらどうしようと思っていると、演技中もプレッシャーがかかりやすいんですよね。

ですので、仕掛けのない道具を使うことで、改めを求められても大丈夫、という安心感をもって演技に臨むことが出来ます

終わりに

以上、簡単ですごいトランプマジックを3つご紹介しました。

トランプでできるマジックはたくさんありますが、初心者でも取り組みやすいマジックだと思います。

テクニック部分での難しさが余り無く、簡単なマジックではありますが、演出を工夫することで、様々なマジックに応用できます。

(応用例は、各マジックの解説ページに詳しく説明してあります。)

ぜひ覚えて、友達や知り合いに披露してみて下さいね。

また当サイトでは、ここで紹介した3つのマジック以外にも、かっこいいトランプマジックをたくさん紹介しています。

上記の記事やトップページにアクセスして、お気に入りのマジックを見つけましょう。

おすすめ情報

オンラインマジック講座のご案内

こちらの記事も読まれています