薔薇の花が出現するマジック、綺麗ですよね。

できるようになりたい方も多いでしょう。

この記事では、花が出現するマジックの中でも、大掛かりな道具を必要とせず、簡単にできるマジックを紹介します。

【現象】薔薇の花が出現するマジック

演技動画

まずは以下の演技動画をご覧ください。

手順のまとめ

このマジックの手順を簡潔にまとめると、次のようになります。

手順
  1. 空の手を、空中に向かって伸ばす。
  2. 空中を掴むと、指先に薔薇の花が現れる。
  3. 薔薇の花を帽子に入れる。
  4. 再び、空中から薔薇の花を取り出す。
  5. (以下、繰り返し。)

【解説】薔薇の花が出現するマジック

やり方

このマジックは、薔薇の花にちょっとした仕掛けがしてあるので、テクニックを使わず、割と簡単に薔薇の花を出すことが出来ます。

子供でもできるレベルですね。

ちなみに、何本も薔薇の花を出しているのではなく、同じ薔薇の花を出したり消したりしています。

なお、DPグループから「指先から薔薇」という商品名で販売されているようなので、露骨な種明かしは控えます。

勘の良い方なら、動画を見ただけでも仕掛けは推測できるでしょう。

ただし、タネが分かったところで、結局は、薔薇の花(造花)を買って、自分で仕掛けを作ることになります。

そのお金と手間を考えれば、購入するのと大差ないですけどね。

そう高いものでもないですし、1つくらい持っておいても良いでしょう。

【実演】薔薇の花が出現するマジック

このマジックを実演するときのポイントは以下の通りです。

角度

まず、360°どの角度でも大丈夫というわけではなく、薔薇の花が見えてしまう角度があります。

お客さんに向かって演じる際には、薔薇の花が見えないような角度を意識する必要があります。

指の開き具合

ほとんど種明かしみたいなものですが、指と指の間から仕掛けが見えないように注意することも必要です。

こういう部分は、鏡の前に立って、自分で確認しながら練習しましょう。

空中を掴む際の手の位置

空中の様々な場所から花を取ってきている感じを出すためには、動画のように、いろいろな場所を掴むような演技をすると良いと思います。

帽子の近くで出したり消したりしているだけだと、本当に出したり消したりしているようにしか見えません。

【応用】薔薇の花が出現するマジック

応用例:大量の薔薇の花が出現する

予め、帽子などの捨て場(出してきた道具を置いておく場所のこと)に大量の薔薇の花を入れておけば、本当に薔薇の花がたくさん出てきたように見せることが出来ます。

応用例:薔薇の花が一瞬で赤いシルクになる。

出す時と逆の動作をすれば、薔薇の花を空中に消すこともできます。

手の中に、赤いシルクを隠し持っておけば、薔薇の花が一瞬で赤いシルクになるマジックとしても演じられます。

応用例:薔薇の花の瞬間移動

同じものを同時に出したり消したりできるということは、移動現象も可能ということですね。

右手に花を持っておき、右手の花を消すと同時に、左手に花を出せば、花が右手から左手に瞬間移動したように見えます。

終わりに

以上、薔薇の花が出現するマジックを解説してきました。

この記事で紹介したように、薔薇の花を空中から取り出すマジックとして演じても良いですし、アレンジを付け加えることで、様々な見せ方ができるマジックになっています。

見せるときの角度には注意して、上手く演じられるように練習してみましょう。

おすすめ情報

オンラインマジック講座のご案内

こちらの記事も読まれています