トランプマジックの基本テクニックを覚えたいですか?

この記事では、トランプマジックにおける基本的な持ち方の1つ、『エンドグリップ(ビドルグリップ)』について解説します。

基本テクニックを覚えてマジックを上達させましょう。

エンドグリップ(ビドルグリップ)とは

エンドグリップ(End Grip)とは、トランプを上から掴むように持つ持ち方のことです。

以下に、右利きの場合にエンドグリップでデックを持ったときを図示します。

エンドグリップ(ビドルグリップ)の図

マジシャン側から見た図

上図のように、トランプの端(end)を握る(grip)ように持つことから、エンドグリップと呼ばれています。

お客さん側から見た図

エンドグリップをお客さん側から見ると、上図のようになっています。

なお、エンドグリップは、ビドルグリップ(Biddle Grip)ビドルポジション(Biddle Position)とも呼ばれます。

これは、エンドグリップが、エルマー・ビドル(Elmer Biddle)というマジシャンの考案したテクニック『ビドルムーブ(Biddle Move)』における基本的な持ち方だからです。

ちなみに、ビドルムーブに限らず、エンドグリップは様々なテクニックの中で使われています。

エンドグリップ(ビドルグリップ)の解説動画

以下の動画で、エンドグリップ(ビドルグリップ)について詳しく解説しています。

エンドグリップ(ビドルグリップ)の持ち方

それでは、エンドグリップ(ビドルグリップ)の持ち方について解説します。

エンドグリップでは、右手でデックを掴みます。

このとき、右手の指は、次の位置にあります。

  • 親指
     →デックの下端に掛けます。
  • 人差し指
     →曲げて、トップカードに添えます
  • 中指・薬指・小指
     →デックの上端に掛けます。

デックを上から掴むとき、意識せずともエンドグリップで掴めるように、体に覚え込ませましょう。

終わりに

以上、トランプマジックの基本テクニックである『エンドグリップ(ビドルグリップ)』について解説しました。

エンドグリップ(ビドルグリップ)は、ディーリング・ポジションとあわせて、トランプマジックをする上での基本的な持ち方になります。

ディーリング・ポジション同様、エンドグリップだけをかいつまんで練習する必要はありあません。

それよりも、マジックを練習する中で、エンドグリップで持つ場面が出てきたら、そのときに意識してみましょう。

練習を繰り返すうちに、自然とできるようになっていきますよ。

おすすめ情報

オンラインマジック講座のご案内

こちらの記事も読まれています